空き家 どうすればいい

空き家の問題

近年、空き家が社会問題になっています。2013年では、全住宅の7戸に1戸が空き家で、2033年には、3戸に1戸が空き家になる民間予測があるそうです。

空き家

 

高齢化が進み、今後益々空き家が増え続けると思われます。実際に親が住んでいた実家が空き家になっていて、管理、活用、処分などでこれからどうしようか悩んでいる人も多いのではないかと思います。

 

私も小さい頃から20歳ぐらいまで住んでいた家を相続したのですが、3年くらい前からは空き家になっていました。

 

放置しておくと

それほど大きな家ではないのですが、小さな庭があり、放置しておけば枝が隣の家の敷地内に侵入してしまったり、通行人にも迷惑をかけます。家も築60年で古く、瓦が落ちてきたり、ブロック塀が崩れたりする可能性もあります。地震や台風または雪などの自然災害等によって倒壊したり、雨漏りやシロアリの被害も心配です。

 

また、人が住んでいないので、野良猫などが住みついたり、不審者による不法侵入や放火などの心配もあります。これらの事が起こると自分が大変なだけでなく、ご近所の人にも迷惑をかけることになりますので、何とかしなければと思っていました。

 

何とかしなければ

建物は、人が住んでいない状態で放置しておくと湿気などで傷んでしまいます。それに放置しておけば、だんだんお化け屋敷みたいになって、景観も悪くなるし、治安や衛生にもよくありません。

 

それで、どうするのがこの家と土地を一番いかせるのかを考えました。まず、親から「思い出のある土地でもあるし、売らないように」と言われていたので、売却はせずに一番有効利用できる方法を考えることにしました。

 

有効利用というのは、採算的な面はもちろんのことですが、それを利用する人や近所の人にも喜ばれ、その土地が最もいきる方法のことだと思います。それが、親をはじめご先祖さまにも喜んでもらえることになるし、私自身にとっても一番うれしい事ではないかと考えました。

 

何に適しているか?

まず、土地の地理的な位置や大きさなどから考えると私の土地は、40坪弱で広くはないですが、大きな駅から歩いて4〜5分と近く、駅の裏にあたり、住宅地域で静かな所です。

 

それで駐車場がいいのではないかと思いました。駅も近く便利ですし、まわりのお宅にも駐車場がなくて探している人が多かったので需要は間違えなくあると思いました。

 

何台おけるのかを検討したところ間口が狭いため3台か無理をしても4台くらいしかおけないないと分かりました。間口が広ければもう少し台数がおけたと思いますが、3〜4台では家の解体費用や駐車場の設置費用、または固定資産税の事を考えると採算的に良くありませんでした。

 

本当は、建物を建てたりしない方が借入もせずにすみ、将来的に子供の家を建てたり転用できるので、駐車場がいいのではと思っていましたが、採算的に思っていた以上に悪かったのであきらめる事にしました。

 

貸家はどうか?

次に家を貸すのは、どうかと思い、知り合いの不動産屋さんに相談したら「あそこなら駅に近いし、借りる人はいますよ」という返事だったので、検討することにしました。

 

家を貸すといってもリフォームして貸すか解体して新しく建て直して貸すかですが、できるならリフォームして貸すほうが費用もかからないのでいいと思いましたが、築60年でかなり老朽化していたので、とてもリフォームしてお貸しできる状態にするのには難しいレベルだと判断して解体して新築することにしました。

 

空き家

そこで相場がどのくらいなのかどういう建物がいいかなどをネットで調べたりしました。そしてホウスメーカー等4社に相談しました。一戸建てを貸す場合、一階と二階を別々に貸す場合、一階と二階を2部屋ずつ貸すアパート形式の場合などの提案がありました。

 

それぞれの案によって、単身者をターゲットにするのか所帯をもっている人をターゲットにするのかなど違ってきますし、建物のつくりも違ってきます。立地条件、土地の広さ、建築費用、家賃収入など総合的に考えて一戸建てを貸す事に決めました。

 

完成

先日、完成したので見に行ってきました。自分の家を建てた頃とくらべると機能的に進歩しているなと感じました。準防火地域ということもあってガラスはペアガラスで二重になっていますし、お風呂もヒートショックを防止するためにお風呂に入る前に暖めたりできるようになっていました。新築ということもあって自分が住みたいくらいでした。

 

私の場合は、いろいろ考えた末に一戸建ての貸家にして非常に満足しています。でも同じ空き家でも人それぞれ事情が違うと思います。親が高齢者施設に入所して空き家になっていたり、相続などでもめていたりしてなかなか自分の思うようにはできない場合もあるのではないかと思います。

 

そういう場合は、専門家に相談されるといいと思います。または行政やNPO法人空家・空地管理センターなどに相談するのもいいと思います。地方自治体によっては、補助金や助成金がある場合もあるので、調べてみるといいと思います。

 

まず、ネットで調べてみよう!

そして空き家を管理していくのか売却するのかまたは貸すのかの方向性を決めていくといいと思います。売却するか貸すと決めた場合は、まずネットなどで調べて前もって知識や情報を得ておくと役に立ちます。以下のサイトはおすすめです。

 

■不動産を売りたい方

「スマイスター」

350万人が利用した不動産一括査定サイト



 

・利用者が多い不動産売却査定サイトです。
・1,300社を超える登録企業の中から最大6社の一括査定ができます。
・仲介も買取もどちらも査定してくれます。
・地方の小さな不動産業者も登録しているので、地方の不動産でもしっかりと査定してもらえます。
・無料で利用できます。
・複数の会社の査定額を比較することで、高く売ることができます

■リフォームしたい方

「タウンライフリフォーム」

【無料】リフォームの見積り比較サイト【タウンライフリフォーム】

 

 

・無料一括依頼が便利です。
・あなたの街の複数の優良リフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます。
・各社を比較・検討しやすく業者を選びやすいです。
・毎月先着99名様に「成功するリフォーム7つの法則」を無料プレゼントしています。

■解体する場合

解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」

解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」の公式サイトはこちら

 

 

・解体工事を600社以上から無料で3社見積り比較できます。
・比べて安心、最安値
・お問い合わせ業界1

■アパート経営をお考えの方

「Oh!Yaアパート経営一括比較」

Oh!Ya アパート経営一括比較

 

 

・複数の不動産投資会社にアパート経営の資料を一括で請求できるサイトです。
・ご紹介件数実績 約13万件以上
・大手企業から中小企業まで参画しており、様々なプランの比較が可能です。

■駐車場をお考えの方

「akippa(あきっぱ)」

駐車場の貸し借りが出来る駐車場シェアサービス【akippa】登録

 

 

・空き駐車場のシェアリングサービスです。
・空きスペースを有効活用できます。初期費用0円で駐車場オーナーになれます。

■空き家の整理をしたい方

「みんなの遺品整理」

実家の片付け・遺品整理の業者をさがすなら【みんなの遺品整理】



 

・空き家整理、遺品整理、生前整理、ゴミ屋敷片付け、特殊清掃の業者紹介プログラムです。
・全国337社の業者から無料で一括で見積り依頼ができます。
・すべての掲載企業に遺品整理士が在籍し、廃棄物処理の法令順守もしています。
・厳しい審査をした優良遺品整理業者のみを掲載しています。

 

方向性を!

何とかしたいと思いつつも今現在、住んでいないこともあって、ずるずるとそのままになりがちです。でもそのまま放置しておくと資産価値は目減りしていきますし、いろいろ問題が発生したり、ご近所さんとのトラブルになったりもします。ですから早くどうするかの方向性を決めたほうがいいと思います。

 

空き家にしてあるうちは、掃除や換気などを行ったり、ご近所さんへあいさつしたりする等の管理が必要です。私は、なかなか掃除とか行けなかったので、ご近所さんに「何かあったら知らせて下さい」とか「もうすぐ何とかしますのでよろしくお願いします」とあいさつしていました。それで家の解体、新築工事の時もわりとスムーズにいったのではないかと思っています。

 

慎重な判断を

どうするかの方向性が決まったら、どこの業者さんにお願いするかですが、お知り合いや紹介者などにお世話になるといろいろ便宜をはかってくれたりしていい点がいっぱいあると思います。反面、断りにくいという欠点もあると思います。

 

それで、お知り合いや紹介者などに頼む前にネットで調べたりして知識や情報を仕入れておくといいと思います。そして複数の業者さんから見積もりをとったりして比較検討するといいと思います。やっぱり1社では高いのか安いのか分からないので、ネットで調べたり、専門家に聞いたり、複数の会社から見積りをとったりして慎重に判断されるのがいいのではないかと思います。

 

まとめ

私の経験からい言いますとまず、その土地が何に一番適しているか、どうするのが一番その土地をいかすことができるのかを判断する事だと思います。そして、それを任せるのはどの業者がいいかを決めることだと思います。

新築

 

それにはネットで調べたり、専門家に聞いたり、経験のある人に聞いたりして、知識と情報を得て、複数の業者さんに相談して比較検討することをおすすめします。

 

いろいろ仕入れた知識と情報と自分の諸事情を考えあわせて満足のいく後悔のない決断ができるようにしてほしいと思います。